「2020年IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権」出光スポンサーのマツダチームが最終戦「セブリング12時間レース」で1位、3位のダブル入賞

出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:木藤 俊一 以下、当社)が、米国における潤滑油の製造・販売会社である出光ルブリカンツアメリカ (本社:米インディアナ州ジェファーソン郡、社長:伊藤 則章、当社100%出資)を通じ、スポンサーを務めるマツダチームが、米国最高峰のスポーツカーレース「2020年 IMSA ウェザーテック・スポーツカー選手権」(主催:国際モータースポーツ協会、IMSA)の最終戦「セブリング12時間レース」で、見事1位(55号車)、3位(77号車)でフィニッシュしました。

写真提供:マツダ株式会社

写真提供:マツダ株式会社

「2020年IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権」は、1月最終週のデイトナ24時間レースで開幕しましたが、コロナウイルスの影響で半年間の中断、大幅なレーススケジュールの変更を余儀なくされました。このような状況の中でも、マツダチームは「デイトナ24時間」での2位入賞をはじめ、素晴らしい記録を残すことができました。2021年も益々の活躍が期待されますので、みなさまも引き続き、応援よろしくお願いします。

当社とマツダ株式会社は、マツダ株式会社のユニークで洗練された車両にふさわしい潤滑油の共同開発を行っており、今後も共に技術力を研鑽しながら、モータースポーツ文化の発展に貢献していきます。

~お問い合わせ先~

出光興産株式会社 広報部広報課 https://www.idss.co.jp/contact/advertising_flow/index.html

ページトップへ遷移