新型コロナウィルス(COVID-19)への対応について

当社は、2月4日に社長 木藤俊一を本部長とする「新型コロナウィルス(COVID-19)対策本部」を設置し、感染拡大の防止とともに、石油の安定供給確保のための情報収集や対策検討の体制を取り、石油製品の供給は平常通り行われております。
今後、緊急事態宣言が発令された場合も、経済および社会生活に必要不可欠な石油製品の供給については、これまで通り行える体制となっておりますことを、お知らせ致します。
なお、当社では感染および感染拡大の防止を目的に、本社を含む国内の販売・営業・研究等の拠点は、原則、在宅勤務体制としております。また製油所、工場といった製造拠点については、従業員への感染防止策を徹底した上で操業を継続し、安定供給に万全を期してまいります。

ページトップへ遷移