北海道製油所の食堂がスマートミール認証を取得

当社の北海道製油所(所在地:北海道苫小牧市、所長:澤 正彦、以下当所)の食堂で提供する“ヘルシーメニュー”が、国が推進する「健康な食事・食環境(スマートミール)」の2つ星認証を取得しました。石油元売として初の認証となります。

当所では、健康的な食事と運動、卒煙の三本柱の「北製スマートライフ・キャンペーン」をはじめとする健康増進活動に取り組んでいます。
その一環として、2018年から食堂でヘルシーメニューの提供を開始いたしました。同年に行ったヘルシーメニュー・キャンペーンでは食堂を利用した4割以上の人が選び、食習慣の見直しの契機づくりに寄与してます。
今後も、ヘルシーメニューを提供し、従業員など食堂を利用する方の健康増進に貢献してまいります。

【ヘルシーメニューの特徴と、食習慣の見直しの契機づくりの工夫(2018年キャンペーン)】

・低カロリー(630kcal未満)かつ野菜を増加した満足感が得られるメニュー
・ドレッシング類も減塩、カロリーオフ品を用意
・ポイントカードを作成して食べた回数を見える化
・メニューを毎日分かりやすく表示
・効果的な食べ方についてのポイントを紹介
・携帯用のカロリー摂取/消費カードを配布

※「健康な食事・食環境(スマートミール)」認証制度:健康な食環境整備を目指した国の「健康な食事・食環境」推進事業の一環として行う制度で、栄養バランスのとれた食事を健康的な空間で継続的に提供している店舗や事業所を認証するもの
http://smartmeal.jp/


毎日、豊富なヘルシーメニューを提供

ページトップへ遷移