BASF出光株式会社の合弁契約解消と石油化学製品1,4-ブタンジオール事業の撤退のお知らせ

出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、以下当社)は、BASF SE社(本社:ドイツ ルートヴィッヒスハーフェン、以下BASF)との、石油化学製品1,4-ブタンジオール(以下、BDO)の製造・販売事業を行うBASF出光株式会社(BASF67% 出光33%、以下BIC)の合弁契約を解消し、BDO事業から撤退することを決定いたしましたのでお知らせいたします。

BDOは伸縮性繊維やエンジニアリングプラスチックの原料として使われる有機化合物です。近年、国内需要の減少、アジアでの設備新増設による供給過剰などで事業環境が悪化しており、今後の方針について検討した結果、事業継続は困難と判断いたしました。

当社千葉事業所内にあるBICの製造設備(25,000トン/年)は20年12月に停止し、その後合弁契約を解消します。BICのBDO事業はBASFグループが承継し、既存のお客様への供給を継続します。

【BICの概要】

(1) 名称 BASF出光株式会社
(2) 所在地 東京都中央区日本橋室町 3-4-4 OVOL 日本橋ビル3階
(3) 代表者 代表取締役社長 齋藤 大
(4) 出資比率 BASF 67%、 出光興産株式会社 33%
(5) 事業内容 1,4-ブタンジオールの製造販売
(6) 生産能力 25,000トン/年 出光千葉事業所内

~お問い合わせ先~

出光興産株式会社 広報部広報課 Email: public.relations@idss.co.jp

ページトップへ遷移