「出光統合レポート2019」「出光サステナビリティレポート2019」 を発行

出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:木藤俊一、トレードネーム:出光昭和シェル、以下 当社)は、統合新社として初の「出光統合レポート2019」および「出光サステナビリティレポート2019」をウェブサイトにて公開しました。

両レポートは、出光グループ、昭和シェル石油グループの2018年度実績、昨年11月に公表した中期経営計画を中心とする統合新社の目指す姿や持続的な成長ストーリーの掲載に加え、GHG(温室効果ガス)削減目標の設定や重点課題(マテリアリティ)について詳細を掲載し、当社グループへの理解をより深めていただける内容となっています。

「出光統合レポート2019」では、中期経営計画を基にした事業説明に加え、財務情報、経営資源についての情報や当社グループが社会に対してどのような価値を提供し、社会と共に成長し続けるのかをご理解いただける「価値創造プロセス」も掲載しています。
一方で、非財務情報に特化した報告書「出光サステナビリティレポート2019」では、環境・社会・ガバナンスの側面から整理した具体的な取り組み内容や、それらに関する詳細な数値データなど、当社グループおよび社会の持続的成長に向けた取り組みも紹介しています。また、掲載数値データについてはデータの信頼性確保のため、第三者機関における第三者保証を取得しており、報告内容の正確さも認められています。


出光統合レポート2019表紙

当社グループは、社会的責務である安全で安定的なエネルギー供給の実現とともに、社会と企業の持続的発展を目指して取り組みを進めるだけでなく、ステークホルダーの皆さまとの対話を通じてさらに理解を深めていただけるよう、積極的な情報開示に努めてまいります。

※「出光統合レポート2019」「出光サステナビリティレポート2019」のPDF版をダウンロードいただけます。

以上

~お問い合わせ先~

出光興産株式会社 
広報部広報課
TEL:03-3213-3115 
URL https://www.idss.co.jp/

ページトップへ遷移