昭和シェル石油とソーラーフロンティア、卒FIT太陽光の余剰電力買取を2019年11月から開始

昭和シェル石油グループのシナジーにより再生可能エネルギーの普及に貢献

昭和シェル石油株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 CEO:亀岡剛)とソーラーフロンティア株式会社(本社:同上、代表取締役社長:平野敦彦)は固定価格買取期間満了(以下、「卒FIT」)後の太陽光発電の持続的な普及を目的に、「卒FIT太陽光」の余剰電力買取を2019年11月からスタートします。 買取は、ソーラーフロンティア製太陽光パネルユーザーを中心に2019年1月下旬(予定)から受付を開始、対象エリアは、全国(離島、沖縄除く)です。さらに、卒FIT太陽光から調達した余剰電力を活用するCO2低排出電力プランの販売についても検討して参ります。
2019年11月以降、住宅用太陽光発電における固定価格買取契約は順次満了を迎えます。今回の新サービスで、昭和シェル石油は、卒FIT太陽光の余剰電力の買取ならびにその電力を活用したCO2低排出電力プランの提供、ソーラーフロンティアは、太陽光発電予測ノウハウの提供と太陽光パネルオーナーの電力買取契約手続きのサポートを担います。
昭和シェル石油グループは、ソーラーフロンティアの手掛ける太陽光発電および昭和シェル石油の電力小売・発電事業において培ってきた経験・ノウハウを結集し、シナジーを追求することで、グループ全体で新たなビジネスモデルの確立に向けて準備を進め、再生可能エネルギーの主力電源化と分散型エネルギー社会の実現に貢献して参ります。

【新サービスの概要】

  1. 買取開始時期
    2019年11月から (2019年1月下旬 受付開始予定)
  2. 買取対象エリア
    全国(離島、沖縄を除く)
  3. 買取条件等
    詳細は準備が整い次第、別途公表
  4. 両社の役割
    昭和シェル石油:卒FIT太陽光の余剰電力の買取ならびにその電力を活用したCO2低排出電力プランの提供
    ソーラーフロンティア:太陽光発電予測ノウハウの提供
    太陽光パネルオーナー様の電力買取契約手続きのサポート

以上

本件に関するお問い合わせ先
昭和シェル石油株式会社 広報部 林
TEL:03-5531-5793

ページトップへ遷移