2018年 第2四半期の原油処理計画について

~国内向け原油処理を対前年比99%に~

 当社(東京都港区台場2-3-2 代表取締役社長 グループCEO:亀岡 剛)は、グループ4製油所の2018年4-6月の国内向け原油処理量を、対前年同期比99%の473万KLといたします。

 当計画は、国内需要動向に対応しながら、適正在庫を維持し、必要に応じて国内市場での製品調達も選択肢に入れ、石油製品の安定供給を実現するものです。なお、海外向け原油処理量は、海外製品市況動向を踏まえ、適宜決定してまいります。

本件に関するお問い合わせ先
昭和シェル石油株式会社 広報部
TEL:03-5531-5793

ページトップへ遷移