「健康経営優良法人2019 ~ホワイト500~」に2年連続認定

2019/03/04

昭和シェル石油株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 CEO:亀岡剛、以下:当社)は、2019年2月21日、経済産業省と日本健康会議*が共同で実施する「健康経営優良法人2019 ~ホワイト500~」に昨年に引き続き認定されました。

「健康経営優良法人2019 ~ホワイト500~」とは、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人を認定する制度です。今年は、特に優良な健康経営を実践している企業として、当社を含む821法人が認定を受けました。
当社では、従業員の健康増進が企業の持続的成長において重要な要素であると捉え、定期健康診断に基づく支援や、運動推奨プログラム、健康に関する研修会の実施など、社員一人ひとりの健康意識を高める活動を積極的に行っています。

■ 「健康経営」の取り組みについて 
  • 定期健診診断の100%受診を継続し、受診・精密検査・経過観察者健診など社員の状態に応じた支援を実施しています。
  • メンタルヘルス研修会(レジリエンス研修)や少人数制の健康研修、健康保険組合と協働で運動奨励 プログラム、“笑い”を取り入れた健康施策(笑いと健康に関する講演会)を行いました。
  • メンタルヘルス対策として、ストレスチェックの実施に加え、 eラーニングを導入し、セルフケア環境を整えました。また、長時間労働者に対する、健康面談等でメンタル不調を未然に防ぐ取り組みも行っています。
認定証
参考:■ 健康経営優良法人認定制度とは(経済産業省HPより抜粋)

2017年より開始された健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

本件に関するお問い合わせ先
昭和シェル石油株式会社 広報部 白川
TEL:03-5531-5793

ページトップへ遷移