第14回エネルギー持続性フォーラム公開シンポジウム(無料)開催のご案内

~ 『SDGsが目指す持続可能なエネルギー社会』 ~

2019/01/25

昭和シェル石油株式会社(東京都港区台場2-3-2 代表取締役 社長執行役員 CEO:亀岡剛)は、2月25日(月)に東京大学国際高等研究所サステイナビリティ学連携研究機構(略称:IR3S*)が主催する第14回エネルギー持続性フォーラム公開シンポジウムを共催いたします。当社は2007年2月から東京大学IR3Sに研究者を派遣し、同機構とともに「エネルギー持続性フォーラム」を立ち上げました。当フォーラムは持続可能な社会のための長期的なエネルギービジョンや戦略の構築を目指しています。

SDGs(エス・ディー・ジーズ)は、2015年9月の国連サミットで採択された『持続可能な開発のための2030アジェンダ』に記載され、世界が合意した2030年に達成を目指す国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットで構成され、地球上の誰一人として取り残さないことを誓っています。国内でも日本政府をはじめ、行政、民間、市民社会が、このSDGsの達成を目標として持続可能な社会づくりに向けて多様な取組を始めています。

この中で「ゴール7」は、『すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する』です。これは、2011年9月に提起されたイニシアティブ『SE4All(Sustainable Energy for All:万人のための持続可能なエネルギー)』の3つの目標(①近代的エネルギーへの普遍的アクセス達成、②世界全体でのエネルギー効率の改善ペースの倍増、③世界全体での再生可能エネルギーのシェア倍増)とも深く関連するものとなっています。

SDGsと同じく2015年に採択されたパリ協定の発効により、温室効果ガスの排出削減に向けて、再生可能エネルギー利用や省エネルギー推進のために、世界各地で技術開発が進み、大規模な投資も行われています。再生可能エネルギー利用は、特定の地域に偏在する枯渇資源と異なり広く分布する自然資本の活用であり、省エネルギーも、社会の隅々で広く実践されるべきものであることから、地域の自然的、社会経済的特質に応じた取り組みを進めることが重要となっています。

本シンポジウムでは、SDGsが目指す持続可能なエネルギー社会のあり方について、国や地域、産業、大学のそれぞれの役割や連携のあり方を踏まえて検討します。再生可能エネルギー利用や省エネルギーの推進は、地域の自然資本の再評価、地域経済の活性化など、さまざまな波及効果をもたらします。そうした効果を最大化する持続可能なエネルギー社会づくりを推進するための取組について、有識者や実務者による講演とパネルディスカッションを通じて議論します。

*サステイナビリティ学連携研究機構 (IR3S):
Integrated Research System for Sustainability Science

第14回エネルギー持続性フォーラム公開シンポジウム
『SDGsが目指す持続可能なエネルギー社会』

日時2019年2月25日(月)13:00~17:30
場所丸ビルホール(東京都千代田区丸の内2-4-1丸ビル7階)
主催東京大学国際高等研究所サステイナビリティ学連携研究機構(IR3S)
共催昭和シェル石油株式会社
協力三菱地所株式会社
概要
開会挨拶13:00~13:05
13:05~13:10
武内 和彦(東京大学IR3S 機構長・特任教授)
井上 俊幸(三菱地所株式会社 開発推進部長)
基調講演113:10~13:50堀江 正彦(元地球環境問題担当大使)
『エネルギーはSDGs達成のための金の糸』
基調講演213:50~14:30森 雅志(富山市長)
『コンパクトシティの推進などによるエネルギー効率の改善』
基調講演314:30~15:10河口 真理子(大和総研 調査本部 研究主幹)
『金融の環境分野における役割とSDGsへの貢献』
休憩15:10~15:35
パネルディスカッション
 15:35~17:25『SDGsが目指す持続可能なエネルギー社会』
モデレーター: 菊池 康紀(東京大学IR3S 准教授)
パネリスト : 上記講演者3名に加え
吉高 まり『SDGsと気候変動~ ESG投資の視点から~』
藤野 純一『SDGs実現に向けた国内外における都市の動き』
閉会挨拶17:25~17:30北村 奈美(昭和シェル石油株式会社)
参加方法シンポジウムへの参加希望者は、下記URLよりお申込みください。

http://www2.ir3s.u-tokyo.ac.jp/esf/symposium.html

定員300名(希望者多数の場合は、先着順とさせていただきます。)
締切り定員に達し次第、申込み終了とさせていただきます。

以上

【本件に関するお問い合わせ先】

東京大学国際高等研究所サステイナビリティ学連携研究機構(IR3S)
松岡 TEL:03-5841-4940

昭和シェル石油株式会社 広報部
大津 TEL:03-5531-5793

ページトップへ遷移