シェル美術賞2018「オーディエンス賞」は 安藤ニキさん『生命の道 I』に決定

~来場者投票により作品を選出・表彰~

昭和シェル石油株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 CEO:亀岡剛)は、国立新美術館にて「シェル美術賞展2018」を開催し、会期中に6,123名の方々にご来場いただきました。(会期:12月12日(水)~12月24日(月・祝))

この展覧会では、創設62年目を迎え、時代の変化に沿って企画を充実させるなど、常に進化し続けている「シェル美術賞2018」において、839点の応募作品から選ばれた受賞・入選作品54点を展示するとともに、今回5回目の開催となる来場者により作品を選出する「オーディエンス賞」の投票を実施しました。会期中、過去最多となる3,887票の投票をいただいた結果、安藤ニキさんの『生命の道 I』(入選作品)が、シェル美術賞2018「オーディエンス賞」に決定しました。

この受賞を受けて、安藤さんからは「このような素晴らしい賞をいただくことができて感激しております。私の作品に投票してくださったご来場の皆様、本当にありがとうございました。今回の受賞作は、2年ほど前から制作のメインになっている「いなくなった人に捧げる花」のテーマによる最大の作品で、それまで向日葵で構成していた画面をクリスマスローズに変えました。花は誰かに捧げられるものであり、同時に捧げられた人自身の変身でもあります。もしかしたら、あなたの大切だった人が、この絵に描かれた花の中にいるかもしれません。」と喜びの言葉を頂きました。安藤さんには後日、昭和シェル石油から賞状を進呈いたします。

<オーディエンス賞受賞作品>

オーディエンス賞 安藤 ニキ
作家名
安藤 ニキ(Niki Ando)
作品名
生命の道 I
制作年
2018
サイズ
162×162 cm
技法
アクリル・キャンバス
プロフィール
  • 1984年生まれ 神奈川県在住
  • 2009年 慶應義塾大学通信教育課程文学部Ⅰ類卒業
  • 2010年 個展(平賀敬美術館)
  • 2012年 個展(ギャルリーパリ)
  • 2016年 第6回「ドローイングとは何か」展 入選
    シェル美術賞2016 入選
    第81回西相展 西相美術協会賞
  • 2017年 個展(岩崎博物館 ギャラリー)
    第4回 宮本三郎記念デッサン大賞展「明日の表現を拓く」 入選
    グループ展「Fantastic Art Exhibition」(DORADO GALLERY)
  • 2018年 個展(DORADO GALLERY)
    第7回「ドローイングとは何か」展 入選
    グループ展「夢みる日」(ギャラリーゴトウ)
<オーディエンス賞結果>(15位まで) 総投票数:3,887
1位安藤 ニキ生命の道 I
2位山本 真矢彼女が見ているものは、結局あなたとは違う。
3位安田 知司0.631ppi_33
4位山口 理恵FLOW I
5位倉持 至宏白無垢
6位中田 さつき雲の爪先
7位水上 卓哉Blue Eyes(ピラルク)
8位根本 寛子Flower crown
9位𠮷田 花子DEJA VU
10位工藤 千紘Sign
11位赤松 加奈緑の昼下がり
12位森本 由貴子ブレーメン、ツアー中
13位町田 藻映子有機体の還る庭
14位田中 良太斥力
15位平松 絵美月が鏡になればよい

作品情報・画像などに関しては、シェル美術賞公式webサイトに掲載しています。
シェル美術賞公式webサイト:https://www.idss.co.jp/enjoy/culture_art/art/

昭和シェル石油は、今後も「シェル美術賞」を通じ、次世代育成を軸とした社会貢献活動を継続するとともに、多くの方々に芸術を身近に感じていただける機会創出に努めてまいります。

以上

本件に関するお問い合わせ先
昭和シェル石油株式会社 広報部 河口
TEL:03-5531-5793

ページトップへ遷移