「シェル美術賞」が「メセナアワード2016」優秀賞を受賞

- 長年にわたる若手作家の継続的支援が評価される -

「メセナアワード2016」優秀賞

 昭和シェル石油株式会社(東京都港区台場2-3-2 代表取締役社長 グループCEO 亀岡剛)は、若手作家の発掘を目的として1956年に創設した完全公募制美術賞「シェル美術賞」の活動が認められ、「メセナアワード2016」(主催 公益社団法人企業メセナ協議会)優秀賞『若手貝画賞』を受賞しました。(『若手貝画賞』は、主催者がシェルグループのブランドロゴである貝のマークにちなんでネーミングした賞です。)
 今回の受賞は、長年にわたる若手作家の作品発表機会の創出に加え、展覧会情報の発信など若手作家の活躍を継続的に支援することで、次世代育成に寄与している点が評価されました。なお、「シェル美術賞展2016」は12月7日から19日まで国立新美術館(東京都港区六本木)にて開催します。
 昭和シェル石油は、今後も「シェル美術賞」を通じて、若手作家の育成と現代美術の発展に寄与するとともに、多くの方々に芸術を身近に感じていただく機会創出に努めます。

  • ◆シェル美術賞とは

    • ・ 現代美術を担う将来性のある若手作家(40歳以下)の発掘を目的として1956年に創立、本年60周年を迎えた完全公募制の美術賞。
    • ・ 毎年12月に開催する表彰式とあわせて実施する講評会では、受賞・入選作品一つひとつについて、作家と対話しながら審査員が講評するため、作家が自身の作品についての評価を直接聞くことができます。
    • ・ 展覧会会場では、来場者投票で選ばれる「オーディエンス賞」を設けるほか、受賞者と審査員によるアーティストトークを開催。(本年は12月10日午後に開催予定)
    • ・ 当年受賞作品に加え、過去の受賞・入選作家4名の作品を展示する「シェル美術賞 アーティスト・セレクション(SAS)」を開催。
  • ◆メセナアワード2016とは

    • ・ 公益社団法人企業メセナ協議会が、企業・企業財団による優れたメセナ活動を顕彰するもので、企業によるメセナの充実と社会からの関心を高めることを目的に、1991年に創設。
    • ・ 賞の選考ポイントとしては、芸術・文化および社会に与えるインパクトや貢献度、経営資源を活動に活かす工夫や独自性、社会・地域との関わり方、活動の継続や展開への意欲などがあげられています。
    • ・ 本年度は「This is MECENAT 2015」の認定活動の中から、外部の有識者により、メセナ大賞、優秀賞5件、特別賞:文化庁長官賞 計7賞が選ばれました。

以上

本件に関するお問い合わせ先
昭和シェル石油株式会社 広報部 河口
TEL:03-5531-5793

ページトップへ遷移