シェル美術賞 アーティスト セレクション 2016 出展作家を決定

若手作家4名の作品を「シェル美術賞展2016」で展示・紹介
12月7日~19日 @国立新美術館

昭和シェル石油株式会社(本社 東京都港区台場2-3-2 代表取締役社長グループCEO:亀岡剛)は、活躍が期待される若手作家の作品を展示する企画『シェル美術賞 アーティスト セレクション2016(略称:SAS 2016)』の出展作家4名を決定しました。
SAS 2016は、「シェル美術賞」の受賞・入選経歴を持つ作家のサポートを目的として、前年度の審査員と当社が選出した若手作家4名の新作・近作を、12月に行う「シェル美術賞展2016」の会期中、同会場内の一部にコーナーを設け、作品を展示します。
第5回目の開催となります今回は、中山徳幸氏、笠見康大氏、下出和美氏、菊谷達史氏を選出しました。
当社は国内の現代美術発展に寄与する事を目的に1956年に「シェル美術賞」を創設し、今年で60周年となります。シェル美術賞を通し、現代美術を担う将来性ある若手作家を応援します。

■「シェル美術賞アーティスト セレクション」選出作家

中山 徳幸
(シェル美術賞2003入選)
笠見 康大
(シェル美術賞2008入選)
下出 和美
(シェル美術賞2007蔵屋美香審査員賞受賞、2005/2006入選)
菊谷 達史
(シェル美術賞2011入選)

※各作家のプロフィールを以下で紹介しています

■「シェル美術賞展2016」/「シェル美術賞 アーティスト セレクション2016」概要

会期
:12月7日(水)~19日(月) ※13日(火)休館
会場
:国立新美術館 〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2

※SASは「シェル美術賞展2016」内にコーナーを設け実施

■「シェル美術賞 アーティスト セレクション2016」作家紹介

シェル美術賞公式WEBサイトより、作家のコメント、作品もご覧になれます。

URL:http://www.showa-shell.co.jp/enjoy/art/

本件に関するお問い合わせ先

報道関係の方
:昭和シェル石油株式会社
広報部 担当:大津・白川 03-5531-5793
一般の方
:シェル美術賞事務局 03-5225-0502
(土・日・祝日を除く平日12:00~17:00)
※ただし、GW、8/10~8/14、年末年始は休み

本江邦夫審査員長推薦作家 中山 徳幸

<略歴>
1968年
長野県生まれ
1993年
武蔵野美術大学芸術学部油絵科卒業
2004年
「シェル美術賞展2003≫2004」入選
2005年
個展(イムラアートギャラリー・京都)
2006年
「VOCA 2006 -新しい平面の作家たち-」
2007年
個展(Gold inside・ソウル/韓国)
2008年
個展(Galleri S.E.・ベルゲン/ノルウェー)
2012年
個展(イムラアートギャラリー ・東京)
個展(ガレリア表参道・長野)
2014年
個展(日本橋高島屋6階美術画廊X / 新宿高島屋美術10 階画廊・東京)
本江邦夫審査員長推薦作家 中山 徳幸 参考作品 「Tomorrow」

参考作品

「Tomorrow」

保坂健二朗審査員推薦作家 笠見 康大

<略歴>
1982年
福島県いわき市生まれ
2009年
北海道教育大学大学院教育学研究科教科教育専攻美術教育専修(西洋画)修了
2008年
「シェル美術賞2008」入選
2010年
「トーキョーワンダーウォール公募2010入選作品展」
2011年
「Asian Art Way 2011 in SHANGHAI」(半島1919日本文化村・上海)
2012年
「トーキョーワンダーウォール公募2012入選作品展」トーキョーワンダーウォール賞
2013年
「トーキョーワンダーウォール都庁2012」
「TWS-Emerging」 197 笠見康大「骨 戻る 燃える」(トーキョーワンダーサイト本郷・東京)
個展「-光円錐とその他-」(CAI02・札幌)
2015年
「VOCA展2015 現代美術の展望ー新しい平面の作家たち」
個展「-恣意的な、とてもプライベートな-」(CAI02・札幌)
保坂健二朗審査員推薦作家 笠見 康大 参考作品 「untitled」

参考作品

「untitled」

能勢陽子審査員推薦作家 下出 和美

<略歴>
1983年
石川県生まれ
2008年
金沢美術工芸大学大学院美術工芸研究科絵画専攻油画コース修了
2005年
「シェル美術賞2005」入選
2006年
「シェル美術賞2006」入選
2007年
「シェル美術賞2007 蔵屋美香審査員賞」受賞
2008年
「アートアワードトーキョー2008」(行幸地下ギャラリー・東京)
2009年
グループ展「眼差しと好奇心5」(soka art center・台湾)
2015年
個展「The song of good bye」
(MATSUO MEGUMI+VOICE GALLERY pfs/w・京都)('07,'08,'09,'11,'13)
2016年
「VOCA展2016」(上野の森美術館・東京)
能勢陽子審査員推薦作家 下出 和美 参考作品 「忘れられた花壇」

参考作品

「忘れられた花壇」

昭和シェル石油推薦作家 菊谷 達史

<略歴>
1989年
北海道生まれ
2013年
金沢美術工芸大学大学院修士課程美術工芸研究科絵画専攻油画コース修了
2010年
「アウトレンジ2010」(文房堂ギャラリー・東京)
2011年
「シェル美術賞2011」入選
「Nomadic circus troupe」(北海道立近代美術館・北海道)
2013年
個展「UNDRAMATIC」(gallery COEXIST-TOKYO・東京)
2014年
「虹の麓 -反射するプロセス-」(名古屋市民ギャラリー矢田・愛知)
個展「月とグレープフルーツ」(金沢アートグミ・石川)
2015年
「第18回岡本太郎現代芸術賞展 」(川崎市岡本太郎美術館・神奈川)
「3331 Art Fair 2015 -Various Collectors' Prizes-」(3331 Arts Chiyoda・東京)
「神戸ビエンナーレ ペインティングアートコンペティション」 審査員特別賞
昭和シェル石油推薦作家 菊谷 達史 参考作品 「ラクダ」

参考作品

「ラクダ」

以上

ページトップへ遷移