F1 2019 レースレポート 第21戦 アブダビGP

最終戦でルクレール、3位表彰台を獲得! ベッテルは5位

開催日:2019年11月29-12月1日

予選

予選

今季最終戦はヤス・マリーナで開催されるアブダビGP。Shellのイノベーション・パートナー、スクーデリア・フェラーリはQ1をシャルル・ルクレール5番手(1分36秒478)、セバスチャン・ベッテル7番手(1分36秒963)で通過。Q2ではルクレールがトップタイム(1分35秒543)、ベッテルは4番手(1分35秒786)でQ3に進んだ。Q3では最初のアタックを終えルクレール4番手、ベッテル5番手。路面状況が改善されつつあるセッション終盤、フェラーリ陣営はギリギリのタイミングでピットを離れたが、前を走るライバル勢が想定以上にアウトラップのペースを落としていたためルクレールは時間内にラインを通過してアタックラップに入ることができずに終了。ベッテルもタイヤが温まらずラストアタックは失敗。順位は変わらずルクレール4番手(1分35秒219)、ベッテル5番手(1分35秒339)でセッションを終えた。

決勝

決勝

予選2番手バルテリ・ボッタス(メルセデス)がパワーユニット交換でグリッド降格となり、ルクレール3番、ベッテルは4番グリッドからのスタートとなった。トワイライトレースのアブダビGP決勝は現地時間17時10分に始まった。1周目にルクレールがマックス・フェルスタッペン(レッドブル)をパスして2番手にジャンプアップ。上位陣はルイス・ハミルトン(メルセデス)を先頭に、ルクレール、フェルスタッペン、ベッテル、アレクサンダー・アルボン(レッドブル)の順。次第に各車の間隔は開き、序盤は上位陣の順位は変動のないまま進行していった。12周目、ルクレールとベッテルがピットストップに入り、ルクレールはフェルスタッペンの後方3番手でコースに復帰。一方ベッテルはニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)、バルテリ・ボッタス(メルセデス)に続く6番手で戦列に復帰、18周目にヒュルケンベルグがピットストップしたタイミングで5番手に上がった。フェラーリの2台がピットストップを早めたのに対して、ハミルトン、フェルスタッペン、ボッタスはスタート時のタイヤでレース半ばまで走行し、順次ピットストップへ。上位陣が1回のピットストップを終えた30周目の時点での順位はハミルトン、ルクレール、フェルスタッペン、ベッテル、アルボン、ボッタス。だが、ルクレールは32周目にフェルスタッペンにパスされ3番手に後退。ベッテルの背後にアルボンを抜きペースを上げるボッタスが迫る。ペースが思うように伸びないフェラーリ勢は38周目に2台とも2回目のピットストップを敢行。ルクレール3番手、ベッテルはアルボンの後ろ6番手でコースに戻った。その後、ベッテルは54周目にアルボンをパスして5番手に浮上。終盤、ルクレールはボッタスに1秒以内に迫られたがポジションを死守して3位でゴール。ベッテルは5位。

これで2019年シーズン全21戦が終了。ドライバーズランキングでルクレールは4位、ベッテルは5位。スクーデリア・フェラーリはコンストラクターズランキング2位という結果に。2020シーズンは3月15日、オーストラリアのメルボルンで開幕する予定。

Shell & Ferrari タイヤ戦略

ベッテル

1回目12周目 ハード/New
2回目38週目 ミディアム/New

ルクレール

1回目12周目 ハード/New
2回目38周目 ソフト/New

Source: Ferrari

結果

1ルイス・ハミルトン(メルセデス)55周1:34:05.715
2マックス・フェルスタッペン(レッドブル)55周+16.772
3シャルル・ルクレール(フェラーリ)55周+43.435
4バルテリ・ボッタス(メルセデス)55周+44.379
5セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)55周+64.357
6アレクサンダー・アルボン(レッドブル)55周+69.205
7セルジオ・ペレス(レーシングポイント)54周1lap
8ランド・ノリス(マクラーレン)54周1lap
9ダニール・クビアト(トロロッソ)54周1lap
10カルロス・サインツJr.(マクラーレン)54周1lap
11ダニエル・リカルド(ルノー)54周1lap
12ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)54周1lap
13キミ・ライコネン(アルファロメオ)54周1lap
14ケビン・マグヌッセン(ハース)54周1lap
15ロマン・グロージャン(ハース)54周1lap
16アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)54周1lap
17ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ) 54周1lap
18ピエール・ガスリー(トロロッソ)53周2lap
19ロバート・クビサ(ウイリアムズ)53周2lap
-ランス・ストロール(レーシングポイント)45周リタイア

ドライバーズランキング

1ルイス・ハミルトン413
2バルテリ・ボッタス326
3マックス・フェルスタッペン278
4シャルル・ルクレール264
5セバスチャン・ベッテル240
6カルロス・サインツJr.96
7ピエール・ガスリー95
8アレクサンダー・アルボン92
9ダニエル・リカルド54
10セルジオ・ペレス52
11ランド・ノリス49
12キミ・ライコネン43
13ダニール・クビアト37
14ニコ・ヒュルケンベルグ37
15ランス・ストロール21
16ケビン・マグヌッセン20
17アントニオ・ジョビナッツィ14
18ロマン・グロージャン8
19ロバート・クビサ1
20ジョージ・ラッセル0

コンストラクターズランキング

1メルセデス739
2フェラーリ504
3レッドブル417
4マクラーレン145
5ルノー91
6トロロッソ85
7レーシングポイント73
8アルファロメオ57
9ハース28
10ウイリアムズ1
ページトップへ遷移