F1 2019 レースレポート 第11戦 ドイツGP

波乱の母国グランプリでベッテル2位表彰台へ

開催日:2019年7月26-28日

予選

予選

F1第11戦はセバスチャン・ベッテルの母国グランプリ、ドイツ。Shellのイノベーション・パートナー、スクーデリア・フェラーリは3回のフリー走行でベッテルがトップタイムをマークしてポジティブな感触を掴んだが、予選では相次ぐ不運に見舞われた。ベッテルは、Q1でマシントラブルが発生してアウトラップでガレージに戻りノータイムで予選を終えた。また、シャルル・ルクレールはQ1をトップタイム(1分12秒229)、Q2は2番手(1分12秒344)となってQ3に進んだが、マシントラブルによりQ3ではコースインできず10番手だった。

決勝

決勝

決勝はウェットコンディションで、全車エクストリームウェットタイヤを装着。レコノサンスラップからコースアウトするマシンが出てセーフティカー先導によるフォーメーションラップが4周行われた。周回数は3周減算され64周レースに。スタート直後にルクレールは6番手、予選ノータイムで最後尾グリッドのベッテルは14番手に浮上。2周目にセルジオ・ペレス(レーシングポイント)がクラッシュを喫してセーフティカー導入となった。このタイミングでベッテルとルクレールをはじめ、各車インターミディエイト(浅溝)タイヤに交換。ルクレール6番手、ベッテル12番手でレースは5周目に再開し、10周目にはルクレールが4番手、ベッテルが7番手まで順位を上げる。ルクレールはバーチャルセーフティカー(VSC)が導入された15周目に再度タイヤをインターミディエイトに交換してフェラーリの2台はポジションをキープした。ベッテルは路面の一部が乾きはじめた23周目にタイヤをスリックに交換、ルクレールも27周目にピットストップして同じくスリックタイヤに交換。しかし、雨が降りはじめた28周目の最終コーナーで、ルクレールはコントロールを失いウォールにクラッシュしてマシンを降りた。ここで2回目のセーフティカーが導入され、ベッテルはインターミディエイトタイヤにスイッチ。レースは34周目に再開され、8番手でリスタートしたベッテルは39周目にポジションをひとつ上げ7番手に。だが、40周目にニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)が最終コーナーでクラッシュし3回目のセーフティカー導入へ。セーフティカーラン中にベッテルは再びタイヤ交換を行い、レースは46周目に再開。この頃には雨は止み、路面は乾き始める。10番手でリスタートしたベッテルは7番手に浮上して47周目にスリックタイヤに交換。57周目にバルテリ・ボッタス(メルセデス)がターン1でスピンしてクラッシュ。ここで4回目のセーフティカー導入となる。上位陣はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、ダニール・クビアト(トロロッソ)、ランス・ストロール(レーシングポイント)、カルロス・サインツ(マクラーレン)、ベッテルの順で60周目にレース再開。リスタート後、滑りやすい路面状況にもかかわらず、ベッテルは鮮やかなオーバーテイクを重ねて63周目に2番手に浮上してチェッカーを受け、2位表彰台に立った。

Shell & Ferrari タイヤ戦略

ベッテル

1回目2周 インターミディエイト/New
2回目23周 ソフト/New
3回目28周 インターミディエイト/New
4回目41周 インターミディエイト/New
5回目47周 ソフト/New

ルクレール

1回目3周 インターミディエイト/New
2回目15周 インターミディエイト/New
3回目27周 ソフト/Used

Source: Ferrari

結果

1マックス・フェルスタッペン(レッドブル)64周1:44:31.275
2セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)64周+7.333
3ダニール・クビアト(トロロッソ)64周+8.305
4ランス・ストロール(レーシングポイント)64周+8.966
5カルロス・サインツJr.(マクラーレン)64周+9.583
6アレクサンダー・アルボン(トロロッソ)64周+10.052
7ロマン・グロージャン(ハース)64周+16.838
8ケビン・マグヌッセン(ハース)64周+18.765
9ルイス・ハミルトン(メルセデス)64周+19.667
10ロバート・クビサ(ウイリアムズ)64周+24.987
11ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)64周+26.404
12キミ・ライコネン(アルファロメオ)64周+42.214
13アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)64周+43.849
14ピエール・ガスリー(レッドブル)61周DNF
-バルテリ・ボッタス(メルセデス)56周リタイア
-ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)39周リタイア
-シャルル・ルクレール(フェラーリ)27周リタイア
-ランド・ノリス(マクラーレン)25周リタイア
-ダニエル・リカルド(ルノー)13周リタイア
-セルジオ・ペレス(レーシングポイント)1周リタイア

ドライバーズランキング

1ルイス・ハミルトン225
2バルテリ・ボッタス184
3マックス・フェルスタッペン162
4セバスチャン・ベッテル141
5シャルル・ルクレール120
6ピエール・ガスリー55
7カルロス・サインツJr.48
8ダニール・クビアト27
9キミ・ライコネン25
10ランド・ノリス22
11ダニエル・リカルド22
12ランス・ストロール18
13ケビン・マグヌッセン18
14ニコ・ヒュルケンベルグ17
15アレクサンダー・アルボン15
16セルジオ・ペレス13
17ロマン・グロージャン8
18アントニオ・ジョビナッツィ1
19ロバート・クビサ1

コンストラクターズランキング

1メルセデス409
2フェラーリ261
3レッドブル217
4マクラーレン70
5トロロッソ42
6ルノー39
7レーシングポイント31
8ハース26
9アルファロメオ26
10ウイリアムズ1
ページトップへ遷移