ライダー・監督

チーム監督

ルーチョ・チェッキネッロ監督

当チームはこれまでMotoGPクラスにホンダのマシンで挑戦し、ライダー1名体制が長かったのですが、今季は本田技研工業と出光興産のおかげで、中上選手を加えた2名体制とすることができました。 中上選手は非常に素晴らしいライダーですが、MotoGPクラスに昇格するということは非常に大きなチャレンジです。世界最高峰クラスで待っているのは、素質と豊富な経験を持つすごいライダーばかりです。 非常にタフなレースが続くでしょうし、バイクのパワーも今までとは桁違いです。 まずマシンやクラスに慣れて経験を積んでいくことがとても重要だと考えています。マシンへ慣れたシーズン後半の戦いで、一桁順位を狙っていきます。タカアキの1年目に大いに期待しています。

ライダー

中上 貴晶

2019年も出光興産さまのご支援とあたたかい応援をいただきますこと心より感謝申し上げます。今シーズンも出光興産さまのアポロマークを背負わせていただきますことはとても光栄ですし、誇りに思っています。 今年はMotoGP参戦2年目のシーズンとなります。常に結果が求められるシーズンとなりますので、皆さまの期待を背負い自分自身に厳しく、常に前へ進み結果にこだわってシーズンを戦っていきます。

ページトップへ遷移