徳山製油所の建設 1956(昭和31)年~

出光は、元売指定を受けた直後から、製油所建設のため旧海軍の徳山燃料厰跡地に準備を開始していました。

1956(昭和31)年には本格的な工事に着手。当時2、3年は、かかるとされていた製油所建設を関係者一致団結のもと10ヶ月という驚異的なスピードで1957(昭和32)年に完成させました。


徳山製油所の建設 1956(昭和31)年~

出光の社史 時代の背景
1957(昭和32)年 出光初の製油所の建設、徳山製油所 竣工  
1959(昭和34)年 国の要請によりソ連石油を初輸入  
1961(昭和36)年 本社を丸の内一丁目(パレスビル)に移転
アポロサービス(株)設立(現、アポロリテイリング)
 
1962(昭和37)年 大型タンカー日章丸(三世)就航(当時世界最大)
出光タンカー(株)設立
第一宗像丸遭難事故
 
ページトップへ遷移