「みらいを奏でる音楽会~どこかで聞いたクラシック~」知多公演を開催しました

みらいを奏でる音楽会 知多公演

2019年11月23日(土)、知多市勤労文化会館で行われた公演には、公募により約900名を無料招待しました。今回は、若手クラシック演奏家で編成された管弦楽団「STAND UP! ORCHESTRA」のメンバーの中から15名が出演。映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」のテーマソングから始まり、運動会の徒競走でおなじみの「天国と地獄」からギャロップなど、だれもが一度は耳にしたことがある名曲の数々を織り交ぜて演奏。特別出演として、コンサート前日に出演者から演奏指導を受けた知多市立旭南小学校の金管バンド部20名が登場し、アニメ「名探偵コナン」の主題歌でコラボレーション。楽器体験コーナーでは、観客の方が舞台に上がり、プロの演奏をお手本に楽器に挑戦。演奏することの楽しさに触れる体験をしていただきました。

みらいを奏でる音楽会 知多公演 01 みらいを奏でる音楽会 知多公演 02 みらいを奏でる音楽会 知多公演 03 みらいを奏でる音楽会 知多公演 04
知多市立旭南小学校 集合写真

クリニック(演奏指導)

コンサート前日の夕方、知多市勤労文化会館で旭南小学校金管バンド部の20名を対象にプロの演奏技術を学ぶクリニックを行いました。
児童たちは楽器ごとのパートに分かれ、演奏する姿勢や息の入れ方など基礎からしっかりと演奏指導を受け、翌日の本番に備えました。

クリニック(演奏指導)旭南小学校金管バンド部 01 クリニック(演奏指導)旭南小学校金管バンド部 02 クリニック(演奏指導)旭南小学校金管バンド部 03 クリニック(演奏指導)旭南小学校金管バンド部 04

ワークショップ(学校訪問演奏)

コンサート前日、コンサートに出演するアーティストから7名が旭南小学校を訪れ、全校児童を対象に音楽の体験学習会を開催しました。初めて聴く楽器の音色に興味津々。手拍子や体でリズムを取りながらプロの生演奏を間近で体感。プロのパーカッション奏者に習って、タンバリンとシェイカーに挑戦する演奏体験も行ったり、演奏にあわせて大人気の2020応援ソング「パプリカ」を振り付きで合唱し、その勢いでラストは校歌を大合唱。先生たちも、これまでにないくらい元気な歌声に感激されていました。

旭南小学校 体験学習会写真
ワークショップ(学校訪問演奏)知多市立旭南小学校 01 ワークショップ(学校訪問演奏)知多市立旭南小学校 02
This is Mecenat 2019 Trade Mark

みらいを奏でる音楽会は、公益社団法人企業メセナ協議会より芸術・文化を通じて豊かな社会づくりに参加する活動として「THIS IS MECENAT 2019」に認定されました。

ページトップへ遷移