レジデンス支援プログラム

レジデンス支援プログラム 2019

若手作家の継続的な支援をさらに充実させるため、昨年よりスタートした過去の受賞・入選作家を対象とする「シェル美術賞 レジデンス支援プログラム」を本年も実施します。
本プログラムは、海外滞在や他国の作家との交流を通じて、新しい刺激と気付きを得ることで、作家としてよりステップアップしていただくことを目的としています。作家に海外滞在の機会を提供し、フランス・パリのレジデンス施設「Cité internationale des arts 」での2ヵ月間の制作活動を支援します。

実施概要

【滞在先】
Cité internationale des arts(フランス/パリ)
18 rue de l'Hôtel de Ville, 75004 Paris France
Cité internationale des arts WEBサイト
【実施期間】
2019年12月3日(火)パリ着~2020年1月27日(月)パリ発 約2ヶ月
【人員】
1名
【応募資格】

シェル美術賞2009~2018に受賞・入選した者の中から以下に該当する者

  • 本プログラムの応募・滞在スケジュールで渡航滞在が可能な者
  • 2019年3月31日現在、20歳以上40歳以下で、本プログラムに強い意志を持つ者
  • 英語(或いはフランス語)の語学力は特に重要。滞在中、スタッフや他国のアーティストとの意思疎通がきちんと図れ、十分にコミュニケーションが取れる者(書類選考通過者は英語による面接有り。また現地でフランス語のクラスの受講必須。)
  • 6月14日(金)、15日(土)の二次選考面接に出席できる者(Skype面接も可)
  • ヴィジュアルアートの分野での作品制作、展示実績が3年以上ある者
  • 滞在中、和英で数回の滞在レポートとビデオレターの製作ができる者
  • 滞在の終わりにオープンスタジオを開催できる者
  • 心身共に健康で滞在制作に支障の無い者
【支援内容】
  • ①海外渡航費の実費(上限は東京⇔パリの往復エコノミー航空券 相当の金額)
  • ②滞在費 1日(1,000円)× 現地滞在日数
  • ③住居兼スタジオ(wifi、パリの美術館PASS付)
  • ④シテ・デ・ザールでのフランス語レッスン受講費用
【応募受付期間】
【今年度の募集は終了しました】
【応募方法】
以下より<レジデンス支援プログラム申込フォーム>をダウンロードして必要書類を記入、準備の上、郵送応募してください。
レジデンス支援プログラム募集案内
募集案内ダウンロード [PDF]
レジデンス支援プログラム申込フォーム

Excel形式    《和文版》  《英文版》

PDF形式      《和文版》  《英文版》

  • ※Excel形式、 PDF形式のどちらかをダウンロードし、ご使用ください
  • ※和文版、英文版の両フォームでの提出が必要です
  • ※申込フォームには、以下のものが含まれています
    和文版 ①申請者基本情報 ②略歴およびプラン ③Samples of your work(和英併記 ※書式は自由)
    英文版 ①Applicant Details ②Profile , Proposal
レジデンス支援プログラム Q&A
Q&Aダウンロード [PDF]
  • ※本プログラムに関するQ&Aを掲載しています
  • ※ご不明点は、募集案内に記載の問合せ先までご連絡ください
【選考方法】
  • ①一次選考(書類) 5月中旬
  • ②二次選考(英語面接、地方在住の場合はSkype) 6月14日(金)、15日(土) 場所 東京・西荻窪 遊工房
  • ③最終選考 6月末
  • ④選出作家発表 7月上旬
【問合せ先】
上記の募集案内に記載しています

レジデンス支援プログラム2019 作家紹介

武田 竜真 (Tatsuma Takeda)
武田 竜真
1988年熊本県天草郡生まれ(31歳) ベルリン在住
多摩美術大学 絵画学科油画専攻 卒業
ドレスデン美術大学 ディプロム課程 修了
ドレスデン美術大学 カールステン・ニコライ研究室 マイスターシューラー課程 在籍
*年齢は選出時。
<個展・グループ展歴>
2019年
グループ展「Chronicle」 Projektraum Kunstquartier Bethanien、ベルリン|ドイツ
2018年
個展「Death Becomes Her」TOKAS (Kunstquartier Bethanien)、ベルリン|ドイツ
グループ展「PATCHWORK」 STOFF-PAVILLON、ケルン|ドイツ
グループ展「Lowen Safari -L21-」クンストハレ ルツェルン、ルツェルン|スイス
2017年
グループ展「Diplomausstellung」Oktogon、ドレスデン|ドイツ
2015年
個展「empty」Bambinart Gallery (3331Arts Chiyoda)、東京|日本
2011年
個展「TWW都庁2011 "WE ARE NOT ALONE"」 東京都庁、東京|日本

<受賞歴・その他>
2018年
公益財団法人 吉野石膏美術振興財団 在外研修助成
2017年
公益財団法人 野村財団 芸術文化助成
2016年
公益財団法人 現代芸術振興財団 助成
2015年
アートオリンピア2015 実行委員特別賞
2013年
多摩美術大学卒業制作展 首席卒業・福沢一朗賞
2012年
シェル美術賞2012 入選
2011年
トーキョーワンダーウォール2011 トーキョーワンダーウォール大賞
シェル美術賞2011 入選
平成23年度 多摩美術大学交友会 奨学生
平成23年度 日本学生支援機構 優秀学生顕彰 奨励賞
2010年
ワンダーシード2010

武田竜真さんコメント

美術館等で見られる花弁画を歴史と異文化が共存する現代のパリという都市に重ね合わせることで自身の作品「Skin Deep Beauty」の更なる展開を図ります。この今日的とも言えるテーマのもと行われる制作活動そのものが異文化間の「共通言語」の模索となればと考えています。ここでの経験やリサーチ、制作活動をこのプログラム中のものだけにせず、今後の自身のアーティスト活動へと繋げていきたいです。

ページトップへ遷移