調達基本方針

出光グループは、経営ビジョン及び行動指針に基づき下記の調達基本方針を定め、高潔な倫理観に基づく調達活動を通じサプライチェーン全体で「持続的発展が可能な社会」をお取引先と共創してまいります。

1.相互信頼と地域社会への貢献

  1. お取引先とともに新たな価値創造に挑戦し、相互信頼に基づき調達活動を行います。
  2. 調達活動にあたっては、地域社会の持続的な発展に貢献するよう努めます。

2.機会均等と公平公正な調達取引

  1. 国内外のお取引先に広く門戸を開放し、自由で公平な競争機会を提供します。
  2. 調達取引の決定にあたっては、品質・価格・納期・既設設備との整合性はもちろん、お取引先の技術力・供給能力・サービス力、経営の安定性や持続可能性への取り組み等、総合的に判断し、公正な対応を行います。

3.社会的責任

  1. 「持続的発展が可能な社会」を実現すべく、安全、人権、健康、環境保全に十分配慮し、企業としての社会的責任をお取引先と共に果たしてまいります。
  2. 「サステナブル調達ガイドライン」を定め、お取引先とサステナビリティに関する取り組み状況について情報交換を行い、相互のレベルアップに努めます。

4.法の遵守と調達倫理

  1. 関連法令、契約、社内規程を遵守し、高い倫理観を持ち、謙虚に、誠実に調達活動を行います。
  2. 贈収賄並びに社会常識・国際的通念の範囲を逸脱した接待・贈答の授受を行いません。
  3. 社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的な勢力・団体とは一切の関係を遮断します。
  4. 当社製品・サービスの販売を条件とする互恵取引は行いません。 またお取引先や第三者の知的財産権などの権利を侵害するような調達活動は行いません。

2020年5月
出光興産株式会社

ページトップへ遷移