水素ステーション

水素ステーションとは

水素ステーションは、主に燃料電池自動車(FCV)へ高純度水素を供給するステーションのことです。その方式は三つに大別されます。一つ目は「オンサイト方式」と呼ばれ、ステーション内に改質器等の水素製造装置を設置し、種々の燃料等から水素を製造する方式です。二つ目は「オフサイト方式」と呼ばれ、製油所などでの水素製造、化学工場等の副生水素を活用し、ステーションに水素を運搬、充填する方式です。三つ目は「移動式」と呼ばれ、水素およびFCVへの水素供給に必要な設備一式を大型トレーラーなどで特定の場所へ積載搬送し、充填する方式です。

出光の取り組み

出光では、将来のFCVの普及に向けた水素供給インフラに関する技術開発や実証を進めてきました。
2004年には神奈川県秦野市に世界初となる灯油改質型のオンサイト方式水素ステーション※1を開設しました。更に、2006年には千葉県市原市に日本初のSS併設型水素ステーション※2を建設しました。2009年からは水素供給インフラの実用化を加速させるための実証事業※3に参画し、その中で、オフサイト方式水素ステーションを成田空港内に設置・運営しました。
2016年3月15日より商用水素ステーション※4を運営し、水素社会の実現に貢献するとともに事業・技術面の更なる検証・知見蓄積を進めます。

ページトップへ遷移