2018年度

当社の研究員が発表します学会情報をご紹介いたします。発表資料・投稿等については、著作権の関係で詳細な資料をご紹介できない場合がございます。ご了承ください。

硫化物系固体電解質の特徴と抵抗低減に向けた取り組み

発表日:
2018年7月10日
発表先:
第58回電気化学セミナー 「全固体電池の最前線~材料探索から電池構築まで~」
概要:
硫化物系固体電解質の加工性の良さに着目し、加工条件と電気化学特性の関係を調査した。本知見を利用したイオン伝導度向上および電極界面抵抗の低減技術について紹介する。
発表者:
樋口弘幸

出光興産の事業領域、研究開発、研究開発のトピックス

発表日:
2018年6月15日
発表先:
第7回JACI/GSCシンポジウム
概要:
出光の事業領域、研究開発の概要及び研究開発のトピックスとして、水素化バイオ燃料と自動車分野での自社エンジニアリングプラスチックの適用事例を紹介。いずれも、一般情報及びすでに公開済みの情報のみを使用
発表者:
秋葉 巌

全固体電池用硫化物固体電解質の動的構造解析によるイオン伝導

発表日:
2018年6月14日
発表先:
第7回JACI/GSCシンポジウム
概要:
(社内報と同内容のため掲載せず) 出光では次世代電池の最有力候補が全固体リチウムイオン二次電池のキーマテリアルとなる硫化物系固体電解質の材料開発を行っている。硫化物固体電解質の概要と固体電解質の材料開発の基礎となる本質究明の2つの技術トピックスを紹介する。一つは計算科学シミュレーションを用いた固体電解質中のリチウムイオンの挙動である伝導メカニズムと、もう一つは放射光XRDによる結晶化過程のその場観察法について報告する。
発表者:
宇都野太、山口展史 千葉大学:高橋 司、大窪貴洋、岩舘康彦

固体電解質になると電池構造は何が変わるのか

発表日:
2018年6月12日
発表先:
機能性フィルム研究会 6月度月例会
概要:
公知情報(文献、特許、講演会資料、調査本、展開会資料)をベースにした内容
発表者:
田村裕之

出光興産の研究開発における分析・解析の役割

発表日:
2018年5月26日
発表先:
第78回分析化学討論会
概要:
出光興産の分析・解析部門である解析技術センターの役割と、高機能材料の機能発現の本質究明を行った事例を紹介した。
発表者:
宮川利文、友池和浩

Crystallization behaviors of isotactic polypropylene(iPP) / low crystallinity polypropylene(LCPP) blends at high cooling tates

発表日:
2018年5月25日
発表先:
34th International Conference of the Polymer Processing Society
概要:
従来にはなかった高速温度制御を可能としたDCS(Flash DSC)を用いて、PPの結晶化挙動に対する低結晶性PP(LCPP)添加効果について検討中。今回は、結晶化温度や冷却速度、LCPP添加量依存性と結晶化速度の関係についての検討状況を報告する
発表者:
郡 洋平、武部智明(機能材料研究所) ※発表者:肥塚智也、引間悠太(京都大学)
ページトップへ遷移