実機での実用性評価

石炭は固体であり、産地や銘柄によって性状が大きく異なるため、石炭の品質とボイラ特性との間に相性の良し悪しが生じます。そこで重要となるのが、それぞれのボイラに適した炭種を選定することです。

出光では、従来の経験的な石炭評価指標を見直し、実際の現象に基づいた化学的なアプローチによって、実機における各種石炭を評価するため、以下の各種試験を実施しております。

実用性評価試験

燃焼性評価

  • 燃焼性評価試験(乱流炉)
    • 低NOx燃焼性評価
  • 燃焼性評価基礎試験(管状炉)
    • 急速昇温揮発分測定
    • 燃焼速度定数
  • 熱重量分析(熱天秤)
    • バーニングプロファイル測定

ハンドリング性評価

粉砕性評価

  • 繰り返し粉砕試験

その他評価

  • 粉塵飛散性評価試験
  • 比重分離(浮沈)試験
ページトップへ遷移