燃焼性評価(微粉炭燃焼炉)

乱流燃焼試験炉

乱流燃焼炉は5~6kg/hの容量を有する縦型炉で、低NOx燃焼法として二段燃焼法を採用し、NOxおよび未燃分の評価を行うことができます。二段燃焼空気の吹き込み位置や空気量は自由に変えることが可能です。
乱流燃焼試験炉
乱流燃焼試験炉

低NOx燃焼性評価

未燃率とNOx発生量との関係をプロットすることにより、炭種ごとの低NOx燃焼性を比較することができます。
未燃率とNOx発生量の関係
未燃率とNOx発生量の関係
ページトップへ遷移