バイオ燃料

バイオ燃料とは

バイオ燃料とは、再生可能な生物由来の有機性資源(バイオマス)を原料に、発酵、搾油、熱分解などによって作られた燃料を指します。バイオ燃料は燃焼の際には二酸化炭素を排出するものの、原料作物の成長過程において二酸化炭素を吸収しているために、その排出量はゼロとカウントされます(カーボンニュートラル)。
バイオ燃料には、大きく分けて、サトウキビ、トウモロコシ、油やしなどを原料とする栽培作物系と、生ゴミ、下水汚泥、家畜糞尿などを原料とする廃棄物系のものがあります。このうち、栽培作物系バイオ燃料としては、サトウキビ、トウモロコシ、キャッサバ(熱帯~亜熱帯地域で栽培されている芋の一種)などを原料に、糖を発酵して作るバイオエタノールと、油やし、菜種など果実や種子に油を含む作物(油糧作物)から搾油・抽出した原料油を加工して作るバイオディーゼル(BDF)が実用化されています。
バイオエタノールはオクタン価が高く、ガソリンに混合して用いられますが、微量の水分の混入による品質劣化などの問題があるため、日本においては、バイオエタノールと石油系ガスのイソブテンを合成した「バイオETBE」をガソリンに混合した「バイオガソリン」が一部のガソリンスタンドで販売されています。
バイオ燃料とは
廃棄物系のバイオ燃料には、生ゴミ、下水汚泥、家畜糞尿などを原料に、発酵、嫌気性消化によって作られるバイオガスがあります。カーボンニュートラルな廃棄物の有効活用として実用化が進められています。
ページトップへ遷移