2013年度

当社の研究員が発表します学会情報をご紹介いたします。発表資料・投稿等については、著作権の関係で詳細な資料をご紹介できない場合がございます。ご了承ください。

Effects of Low Isotactic Polypropylene, L-MODU on Nonwoven from Polypropylene

発表日:
2014年3月26日
発表先:
2014 International Technical Textiles Symposium VIII
概要:
L-MODUの原料紹介および、L-MODUを用いた不織布の開発を中心とし、HMA、フィルムなどへの用途展開の現状を紹介する。
発表者:
機能材料研究所 南 裕

シンジオタクチックポリスチレン「XAREC」の特性と材料開発動向

発表日:
2014年3月20日
発表先:
技術講演会 注目される最新・高機能樹脂とその応用事例
概要:
SPSの特徴と用途展開
 新規技術への対応(接着性、リフロー耐熱性)
 新規開発材の紹介(低ガスグレード、難燃高CTIグレード)
発表者:
機能材料研究所 仲田 一尋

ポリブタジエンポリオールの特性と応用(出光興産の特殊ポリオールについて)

発表日:
2013年2月28日
発表先:
ポリウレタンフォーラム「ポリウレタンを考えるXV」
概要:
出光のポリブタジエンポリオール(Poly bd)の特長(耐加水分解性、低温特性等)とその他グレード紹介及び応用(変性、用途例)の紹介。
発表者:
機能材料研究所 福永 裕一

低立体規則性ポリプロピレンの開発

発表日:
2013年6月11日
発表先:
第84回千葉地域活動高分子研究交流講演会
概要:
C2対称性を有し、2つの架橋構造を有するシリレン二架橋ビスインデニルジルコノセン錯体によりPPの立体規則性を低く、かつステレオランダムに制御することで、従来にない組成均一の高分子量PPが高活性で得られることを見出した。
発表者:
機能材料研究所 岡本 卓治
ページトップへ遷移