アクリル酸・アクリル酸エステル

特長

省エネルギーを実践する直接酸化技術

空気による直接酸化技術は、最も工業化が難しい反応のひとつですが、省エネルギーを実践する地球にやさしい技術でもあります。出光では、長年培ったプロセス開発力により、高品質のアクリル酸の製造技術を独自に確立しました。

原料からの一貫生産と安定供給体制

豊富な自社原料であるプロピレンから一貫した生産体制を確立しました。
わが社のアクリル酸、アクリル酸エステルはわが社の全製品と同様に高度な品質管理と万全な物流体制によって「安心」と「安定供給」をお約束いたします。

成分・性状

項目 単位 アクリル酸 アクリル酸ブチル
化学式 - CH2=CHCOOH CH2=CHCOOC4H9
色調(APHA) - 10> 10>
純分 wt% 99< 99<
水分 wt% 0.2> 0.1>
外観 - 無色透明の液体 無色透明の液体
重合防止剤(MEHQ) ppm 200 15
密度(20℃) g/cm3 1.051 0.900
遊離酸 wt% - 0.01>

用途

アクリル酸は高機能性ポリマーの原料として、またアクリル酸エステルは脱溶剤化の中でエマルジョン系塗料等の材料として注目を浴び、用途が拡大しています。
アクリル酸 用途

アクリル酸・アクリル酸エステルを用いた製品

  • 吸水性ポリマー
    吸水性ポリマー
  • 建築用外壁塗料
    建築用外壁塗料

生産能力

  • アクリル酸 : 50,000t/年
  • 製造場所 : 愛知製油所

荷姿

バルク(船)、ローリー、ISOコンテナ
ページトップへ遷移