北海道製油所|石油製品製造フロー

北海道製油所には13基もの精製装置があり、主に中東から大型タンカーで運ばれた原油は、これらの精製装置を経由して石油製品となります。暖房用の灯油や軽油を作り出す分解装置を備え、需要の多い石油製品の生産比率を高めています。原油が常圧蒸留装置で処理される量は、1日15万バレルで、石油製品になるまでには1日かかります。
石油製品製造フロー
ページトップへ遷移