みらいを奏でる音楽会&ワークショップを開催(2017年11月24・25日)

2017年11月24・25日

11月24日(金)、知多市立旭北小学校の体育館で、みらいを奏でる音楽会のワークショップを開催しました。当ワークショップは今年度からの新企画で、コンサート出演者が学校を訪問し、和楽器を含むアジア各国の楽器による迫力満点の演奏を披露したり、子供達に実際に演奏を体験して貰うものです。
プロの演奏者が、600名を越える児童と先生に本番同様の曲目を披露し、児童に和太鼓を実際に敲いて貰いました。参加した児童達は、目をキラキラ輝かせ、演奏者と一緒になって音楽を楽しみました。
翌11月25日(土)には、知多市勤労文化会館で「出光興産コンサート~みらいを奏でる音楽会~」を開催しました。和楽器とアジアの民俗楽器の迫力ある演奏に加え、観客が身振り、手拍子そして歌で参加し、会場全体が一体となって盛り上がりました。特に、旭北小学校の金管バンド部の精鋭10名との「情熱大陸」のメインテーマの合奏は、和楽器と金管楽器の合奏という楽しさを提供してくれました。出演した子供達から「緊張したが、楽しかった」といった感想が寄せられました。今後も音楽を通じた次世代の育成・支援に努めていきます。
演奏者と楽器を取り囲む生徒達
演奏者と楽器を取り囲む生徒達
旭北小学校の金管バンド部との共演
旭北小学校の金管バンド部との共演
演奏者のステージ風景
演奏者のステージ風景
ページトップへ遷移